文法って
絶対やらないといけないんですか?

 

やらずに話せる方法ってないんですか?

 

と言われることが時々あります、汗

 

また、

どれが『動詞』なのかわかりません。

と言われることもあります。

 

で、私は昔こんな状態でした、汗

 

1) ケーキ食べたよ

cake eat cake eat cake eat!!!

食べた は、eat じゃなくて ate

という過去形があることを知らずに連呼!

 

2) 仕事でつかれた

work tired tired tired!!!

疲れたを強調したいのと
tired っていう英語知ってるアピール、笑

 

3) 冬って寒いからきらい

winter cold hate ( *`ω´)

hate ってなぜか知っていて
でも、外国の人も滅多に使わない強い単語
って知らずにドヤ顔で言ってましたねー

 

こんな状態でした、泣

 

今考ると

相手に連想ゲームを強要してるも同然で
悪かったなーと反省してます。

 

でも、話せるようになりたい!
とちゃんと勉強していたつもりだったんですよ。

 

そして

こんなこともやってました。

 

・英字新聞を眺めてみたり

・BBCやCNNを見たり

・字幕なしでドラマの聞き取りに挑戦したり

 

とっちらかってました、、、

とっちらかりまくりです、大汗

 

で、何が言いたいのかというと

 

当時の私に必要だったのは

 

英字新聞でもなく
もちろん、BBC や CNN でもなく
さらにドラマを見る暇があれば

 

文法 やりなさーい!ってことです。

 

それも、中学1年生と2年生で習った
めちゃくちゃかんたんな文法でOK!!!

 

 

文法って
絶対やらないといけないんですか?

 

はい、絶対です。

 

文法を知らずして英語を話せることは
ぜーーーったいにありません。

 

今日は私の過去と照らし合わせて
お伝えしました。

 

英語はどなたも話せるようになります。

 

そのためにも

 

中学1年生と2年生で習った
めちゃくちゃかんたんな文法でOKなので

 

やりましょうね!

 

ーーーブログ記事ーーー

英語を話せるようになる人の共通点は
『捨てる勇気があること』

今すぐクリックして見る!

ーーーーーーーーーーーー