こんにちは!
英語コーチのルーシーこと
原田佳枝です!!

 

今日もご覧いただき
ありがとうございます!

 

make・cook の違いを知りたいです!

 

 

と昨日セッションで言われました。

 

料理が好きな方は
ぜひ覚えておかれると良いですね!

 

では早速いきますね!

 

■make は、広く使います

■cook は、特に火や熱を使って調理する

ときに使います^^

 


 

ーーーーーーーーーーーーー

I’ll make you a sandwich.

サンドイッチを作ってあげるね

ーーーーーーーーーーーーー

 

↑サンドイッチだってゆで卵とか
火を使うのでは?と思われたかもですが、汗

 

海外では、焼かない食パンにマヨネーズを
ササッと塗って、ハムとチーズをはさんで
終わり。これがサンドイッチー!

 

ーーーーーーーーーーーーー

She cooked us a wonderful meal.

彼女は私たちのためにすごいごちそうを
作ってくれた

ーーーーーーーーーーーーー

 

↑ cook だから火の通った料理が
出てくることが期待できます^^

 


 

ちなみに、

 

prepare 

準備をする、用意する

 

という単語も
食事のシーンでよく出てくるので
覚えておくと良いですよ^^

 

She gets up early to prepare breakfast
for her family.

彼女は家族の朝食を用意するために早起きする

 

prepare は料理を「作る」ことよりも
「用意する」ことに焦点が当たってる
イメージです^^

 

 

はい、いかがでしたか?

 

単語の違いって
つい突き詰めたくなりますよね?!

 

ただ、時には
使いながら覚えていけばいいかなー
くらいの気楽さがあると

 

いい具合に肩の力が抜けて
覚えも早かったりするんですよね^^
不思議なものです♪

 

テストじゃないし、汗

 

英語楽しんでいきましょー!

 

 

——★ブログ記事★—————

素材の味が最大限に、英語で?

———————————

 

PS

私たち人間って不完全。
だから英語も『完璧』を目指すと
苦しくなるんですよね、汗

 

間違ったっていいじゃない♪
リラックスして楽しむ気持ちが
あなたを後押ししてくれますよ!