簡単単語文法
90日後には
基礎からしく英語を話せる

 

こんにちは!
英語コーチのルーシーこと
原田佳枝です!!

 

今日もご覧いただき
ありがとうございます!

 

クライアントさんから
とても役に立ってます👌
とメールをいただきました。

 

何のことかと言うと
グーグル翻訳の使い方です

 

特に英語初心者さんは
翻訳ソフトやアプリが手放せないです
とおっしゃる方が多いです。

 

ただ

・思ったように使いこなせない

・自分の意図した英語が出てこない!

 

 

という声もお聞きします💦😳

 

ただ最近はAI技術の進歩で
一昔前の全く見当はずれの訳が
出てくることもめっきり減りました。

 

だから上手に使いこなせると


これは英語で、、、
えーっと、ウーーンと
でもこれで合ってるのかな

 

 

あー、、面倒だなー
ギャーーー!!

 

となってしまうことも
減っていきます。

 

 

ということで今日は


グーグル翻訳

思い通りの英訳を出すための3つのコツ!

お伝えします!

 

それではどうぞ!!

 

 

思い通りの英訳を出すための3つのコツ!

では思い通りの英訳を出すための3つのコツです!

 

 

 

1、日本文を短く分けましょう!

2、日本文に主語と動詞を入れましょう!

3、余分な情報は捨てましょう! 

 

 

 

例)日本語

昨日は仕事で、家に帰ってから頂きもののいちごを食べたんだけど、酸っぱかった。

 

 

💡グーグル翻訳実例

 

 

💡ダメポイント

・文が長い

・主語がない

 

 

💡グーグル翻訳に最適化した日本文

1、昨日は仕事で 

⭕️→ 私は昨日会社に行きました

I went to the company yesterday.

 

 

2、家に帰ってから頂きもののいちごを食べたんだけど、

⭕️→ 私は帰宅後、いちごを食べました

After I came home, I ate strawberries.

*「頂きものの」情報の重要度が低いので捨てましょう

 

 

3、酸っぱかった。

⭕️→ いちごは酸っぱかった

Ichigo was sour.

 

 

💡グーグル翻訳の謎

上記英文は全てグーグル翻訳で示されたものです。

 

2文目のいちごは、strawberries とできたのに

3文目は、Ichigo のままになっています。

 

考えられる理由:

いちご=酸っぱいを関連づける認識が
AIには入っておらず

そのまま英語にしたものと思われます。

 

このように多少のずれがありますが
ほぼ英語で通じるレベルになっているようです。

 

 

グーグル翻訳、基本の使い方

 

 

簡単ですね!

 

訳したい日本語を左の枠内に入力すると
右枠内に英語が出てきます。

 

グーグル翻訳(こちら)

パソコン、タブレット、スマホで使用できます

 

 

おかしな日本語が出てくるときの対処法

そして多くの方が困ってしまう

 

こんな英語違うよ!

・英語が合ってるのか自信がない!

 

そのような場合はこの方法で解決できます👌

 

💡言語交換マークをクリックして
翻訳結果の日本語をチェックしてみましょう!

 

 

そうすると日本語を確認できますので
大体の目安がわかります。

 

あっ、もちろんAIを利用したサービスなので
私たちが使っている自然な日本語を出すことは
難しいと言われています。

 

だからグーグル翻訳を便利に使うことは
とても良いことですが

 

会話はやはり機械を介さず
自分の言葉で伝えることが
一番早くて誤解が少ない方法です!

 

 

さいごに

 「グーグル翻訳、
思い通りの英訳を出すための3つコツ!」
は、いかがでしたか?

 

また英語上達には
音を使うことも非常に大切です。

 

 

そういった点で
音声ボタンをクリックして英語の音に
触れておくことも後々役に立つので
オススメです!

 

今日の記事が
あなたの英語ライフに
少しでもお役に立てれば嬉しいです!

 

Have a nice day!