簡単な単語と文法で
90日後には
基礎から楽しく英語を話せる

 

こんにちは!
英語コーチのルーシーこと
原田佳枝です!!

 

今日もご覧いただき
ありがとうございます!

 

さて今日は、
definitelyと、absolutelyを上手に使おう!

 

それではどうぞ!

 

definitelyと、absolutelyを上手に使おう!

————————————
1、こんな意味です
2、実際に発音してみよう
3、例文でイメージしよう
————————————

 

クライアントさんから
この2つの単語を使うタイミングに
自信がないので、教えてくださいと
言われました。

 

しかも発音が難しいので
なかなか上手に言えないのも
悲しいですと。

(T . T)

 

わかりました!
確かに長いですし言いにくいですね。

 

ただ、この2つは会話に頻出で
強い共感を表現できるので
話が盛り上がりますよ^^

 

ぜひ参考にされてくださいね!
3ステップでお伝えしますよ^^

 

1、こんな意味です

————————————
1、こんな意味です
————————————
激しく同意する場合に使います^^

 

普通の同意だと、
of course もちろん
yes そうだね
などがありますが

 

日本語で、
そそそそそそ!それだよー!
みたいなときってありますよね?笑

 

その強調したい気持ちもひっくるめて
英単語で表現できるのが
definitelyと、absolutely です。

 

同意、共感の強調できる単語ですね^^

 

・definitely 
 確実に、もちろん、そうだね、絶対に

 

・absolutely
 完全に、もちろん、そうだね、絶対に

 

ご覧の通り日本語にするとほぼ同じ意味です。
どうやって使い分けるのかと言うと
感覚でしょうか、、、汗
私は、absolutelyを結構使います^^

 

2、実際に発音してみよう

————————————
2、実際に発音してみよう
————————————
何度も繰り返し練習しましょう!

 

この2つは単語が長いこともあって
苦手意識を持ってしまうかもしれませんが
言い慣れるまで何度も繰り返して
練習しましょう!

 

ということで、
禁断のカタカナ読み、汗

 

・definitely  デフェネトリー
 「デ」を強く言いますよ

 

・absolutely アブソルートリー
 「ア」を強く言いますよ

 

3、例文でイメージしよう

————————————
3、例文でイメージしよう
————————————
例文からイメージがオススメです^^

 

さいごに例文をみていきましょう!
使い方がピンとこない時は
例文からイメージしていくのが
オススメです^^

 

・I definitely will go there!
 絶対行くよ!

 

・Are you sure? Did you see a ghost?
 Definitely!
 本当なの?お化け見たって?
 絶対にそうだよ!

 

・That book will absolutely sell.
 絶対にその本は売れるよ

 

・You shouldn’t forget to text me.
 Absolutely!
 私にメールするのを忘れちゃダメよ。
 絶対にするよ!

 

いかがですか?

 

まずはあなたが言えないくても
話している外国人が使った時に
あっ!あの単語ね!とわかるところから
目指せば大丈夫ですよ◎

 

さいごに

「definitelyと、absolutelyを上手に使おう!」
は、いかがですか?

 

今日の記事が
あなたの英語ライフに
少しでもお役に立てれば嬉しいです!

 

Have a nice day!