こんにちは!!
英語習慣化コーチの
ルーシーこと
原田佳枝です!!

 

 

今日は山の日ですね^^
山や自然に親しむ日だそうですので
私は北九州で一番高い
皿倉山を眺めてみました^^

 

 

そして今日から週末を挟んで
お盆休みという方も
多いでしょうねー^^

 

旅行とかレジャーとか
楽しんでくださいねー!!

 

特に華やかな計画、
アリマセーン!!
というあなた、
私もです^^

 

さて今日はよくある
間違ったモチベーション
についてご紹介します。

 

それではどうぞ!!

 

 

モチベーションは上げてはいけない?

・・・気合いを入れても最初だけ、汗

 

 

例えば
モチベーションを上げよう!
モチベーションが続かなくて
英語の勉強がうまくいきません

 

よく聞きますよね?
モチベーションを上げよう!
ということ自体は
素晴らしいことです!

 

ただ、
モチベーションを上げようとする前に
「あること」をやらないと
モチベーションは上がりません。

 

「あること」、、、?



 

はい、「あること」とは
ご自分を知ることです。

 

 

は?
「自分を知る」って
どういうこと???

 

人間は感情の生き物です。
そして感情はあなたを取り巻く環境に
とても左右されやすいです。

 

ご存知ですか??
英語の勉強が続かなくなった原因、
直接の原因が英語でないこと
意外に多いんです。。。

 

会社で嫌なことがあった
家族ともめてしまった
仲の良いお友達と言い争ってしまった、など

 

 

このようなことが起こり
英語どころではない
気が乗らないし、、、
となってしまったってことです。

 

人は真逆の感情を
同時に処理することはできません。

 

 

つまり
強い怒りや不安に囚われたまま
英語勉強するぞ!は、
共存できないということです。

 

ではあなたの強い怒りや不安、
その後すぐに切り替えられたとしたら
どうでしょう?

 

気持ちよく
英語に取りかかれそうです。

 

本当の自分を知らないが故に、
英語のモチベーションが上がらないと
誤解してしまっていませんか?

 

モチベーションを上げる前に
「ご自分を知りましょう」

 

 

さいごに

 

「モチベーションは
上げてはいけない?」
は、いかがでしたか?

 

企業であるあるな話です。
上層部からよくこんな指示が
降りてくる、、、

 

社員の士気が下がっているようだ
何とか士気を上げてもらうように
各部署に通達してください、と。

 

こういう指示って滑ってますw
現場の意向を反映した経営方針なくして
士気は上がりません。

 

社員はロボットではなく
血の通った人間ですー

 

 

そして
社員側にも問題があると言えば

あります。

 

無理難題な要求をされて
陰口で対抗するのでなく
建設的な意見を発信しなくては
口のないロボットだと誤解されてしまうw

 

モチベーションって
こういった意味でも
誤解されてるなーと。

 

モチベーションは
人に強要されて上がるものでも

上げるものでもない
ということですね^^

 

今日の記事が
あなたの英語ライフに
少しでもお役に立てれば嬉しいです!!

 

Have a nice day!

 

● ○ ● ○ ● ○
一生楽しめる
英語の習慣化7ステップ!!
→ 今すぐこちらから登録できます^^
〇 。● ○. 。 〇 。● ○. 。 〇 。● ○