こんにちは!

英語コーチの

ルーシーこと

原田佳枝です!!

 

 

今日もお読みいただき

ありがとうございます!!

 

 

さて今日は

久しぶりにヨガをしました^^

 

 

と言ってもこれまで

10回もクラスに

行ってませんが、汗

 

 

でも私はすっかり

ヨギー気分なんです^^

 

 

 

 

ヨギーとは、

英語でヨガをする人

のことを言います。

 

 

すっかりなまった体を

ほぐしていく感じが

たまらないんですよ、

これがっ!!

 

 

ところで私のやっているヨガは

アシュタンガヨガというもので

一般的に知られているヨガとは

少し違います。

 

 

私がこのアシュタンガヨガを

気に入っているのは

体を自分で操れるから。

 

 

と書くと

すごい人のように聞こえますが、

ポーズを取るたびに

こんな初心者の私でも

自分の体の調子がわかるんです。

 

 

だから最近無理してるなー

とか、結構まだまだいけるなとか

わかるのが面白いし

体を労わってる自分って素敵!!

 

 

みたいなちょっと

ナルシストな気持ちになるのも

面白いから、笑

 

 

で、今日は

ヨガの練習って英語の基礎に

似てるんです!

と言うお話をします。

 

 

それではどうぞ!

 

 

ヨガから学ぶ英語の基礎

Learn English Text written on notebook page, red pencil and coffee cup. Office desk table top view.

私のやっている

アシュタンガヨガは

全て動きが型で決まっています。

 

 

言ってしまえば

その型ができるようになれば

ある意味完成なんです。

 

 

しかし、動きの基礎は

呼吸。(らしい)

 

 

呼吸が乱れると動きが安定せず

気持ちいいーに到達しない

(らしい)

 

 

だから呼吸を常に

意識してくださいと

言われます。

 

 

2年前にやっていた時に

少しづつだけど

動きができるようになっていったのが

実感できていました。

 

 

基礎(呼吸)を大切にすれば

体が動いていくとわかっているので

頑張れます!!

 

 

で、英語の話です。

 

 

英語の基礎って

単語力とか文法とか

あります。

 

 

 

そこがおろそかだと

会話にしろ、読解にしろ

リスニングにしろ

全て不安定になります。

 

 

基礎をやっていないと

付け焼き刃的に

その場はしのげますが

継続できません。

 

 

会話も長くなると

お手上げですし

深い話はできません。

 

 

何かを習う時や始める時、

基礎って大事です。

 

 

そして練習も。

ヨガを英語の練習に例えると

それはもう

自宅での地道な勉強です、汗

 

 

 

 

一人だと力がついているのか

不安ではあるけど

自宅での地道な勉強なしに

英語の上達はありません、汗

 

 

基礎は大切です。

 

 

さいごに

「ヨガから学ぶ英語の基礎」

は、いかがでしたか?

 

 

私は飽きっぽい性格です。

そしてこの方に習おうと思う人に

出会わなければ

本格的に新しいことを始めない

性格でもあります。

 

 

アシュタンガヨガに関しては

とても信頼できる先生に習っているので

やっていける自信があるんです。

 

 

英語もやっぱり同じだなーと

思いました。

 

 

あなたは英語で

何でも相談できる方が

いらっしゃいますか?

 

 

もしいらっしゃらなければ、

私が

【英語のご相談お受けします】

 

 

お問い合わせフォームから

題名を「英語相談」として

お気軽にご連絡くださいね^^ 

 

 

一人でやるより

信頼できるその道のプロに

習う方が安心できます^^

 

 

 

今日の記事が

あなたの英語ライフに

少しでもお役に立てれば嬉しいです!!

 

 

Have a nice day!